読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よなかのはなし

http://www.hiroseyonaka.com/

EDM娘。からの脱却!モーニング娘。’16はロックな「ダークサイド路線」で攻めるってどうかな?

f:id:hiroseyonaka:20170408014226j:plain

つんくという柱を失ってから、ハロプロ内では今後どのような路線で攻めるか迷走するグループが増えています。℃-uteとか℃-uteとか℃-uteとか…

 

モーニング娘。'16も15時代にその兆候が現れていましたが、今年の路線については現時点ではまだ明確になっておらず、EDMを引き継ぐのかも不明です。しかし私はモーニング。'16はこれまでのEDM路線をやめ、ハードロックで攻めて欲しいと思うのです。なんでって?カッコいいからに!決まってるだろ!!

キーワードは「軍隊」。人数の多さを逆手に取って攻めに転じるダークサイド娘。路線ってどう?

 先日アップした記事「13期オーディションの前にやることあるだろ!急務、モーニング娘。'16ビジュアル最強化計画」の中の「小田さくら」の項でもちょっと書いてるんですけど、私が今年イチオシというか、もうモーニング娘。'16はこれでいけよと密かに思っているのがあえての「ハードロック路線」です。

仮に名前をつけるとしたら、つんくが去り事務所に冷遇された挙句、鞘師にまで逃亡されたことがきっかけで暗黒面に落ち、おぎゃーと生まれた「ダークサイド娘。」ってところでしょうか。

 

モーニング娘。'15がパッとしなかったのは何もかもが「中途半端」だったからだと思う

2015年ってモーニング娘。'15名義でシングル3枚リリースしましたけど、どれもミディアムテンポでハードな曲って1曲もなかったじゃないですか。青春小僧が泣いているやOh my wish!もそりゃ後ろで電子音がピコピコいってベースもぎゅるんぎゅるん跳ねてましたけど、なんだかロックというくくりにするのはちょっと弱いというか、そこまで激しさのある感じではないかなという印象。一言でいうと中途半端。

 

そしてこの「中途半端」というキーワードが、いろんな意味で今のモーニング娘。'16を象徴しているんだと思うんです私は。

わかりやすく例えると、キュートなの?セクシーなの?どっちが好きなの?って聞かれて「フェミニンな子かな!」ってふわーっとした答えを返すのが今のモーニング娘。'16なんですよ。可愛い子が好きか色っぽい子が好きか聞いてるのにフェミニンって答えるこの空気の読めなさと的を得ない感じが、モーニング娘。'15やモーニング娘。'16の特徴だと思うんです。

 

フェミニンな感じって言われても大半の人はそれがどういう雰囲気なのかイマイチ掴めないし想像もつかないですよね。だから「分っかんねえよ!もっと分かりやすく例えろよ!」ってなって置いてぼりをくらうわけです。ただ、そういうジャンルに詳しい人たちは共感してくれるから、最終的にそういう人間だけ集めて内輪でキャッキャウフフしてる……この超絶ガラパゴスな感じが今のモーニング娘。'16のイメージなんですよね私の中では。

 

 モーニング娘'16にはミディアムテンポの曲は難易度が高すぎるぜ…

私は昨年、ミディアムテンポのシングル曲がリリースされる度に、どの曲を聞いても退屈というかパッとしないなーと常々思っていたんですね。曲もパフォーマンスも中途半端になってるなと。それほど凝ったフォーメンションダンスをするわけでもなく、奇をてらったこともしない安全牌な歌割りとかがその最たるものだと思ってたんですよ。

 

 そういうシーンを見せられる度、なまじ14時代のみんなのキラキラ感を知っている身としては余計イライラして「君たちはもっとできる子達だろ!なんだよその昆布みたいなフラフラダンスは!(※夕暮れは雨上がりのことです)」ってなって、パフォーマンスを見るたび1人でキー!ってなってたんですよ。その鬱憤を原動力にしたらまあ記事が書けること書けること。

 

 

 なので、今のモーニング娘。からこの悪循環の原因である「中途半端さ」を取り除けば、道重や鞘師がいなくてもきっとまた14時代のような勢いがつくと思うんです。

 

ハロプロの中でいま1番勢いがあってオラついてるのはアンジュルムだと思うんですけど、そのアンジュルムに対して出会い頭に頭突きかましてトンズラこくくらいのね、そういう猪突猛進な勢いをつけたいんですよ今年は。圧倒的センターが抜けた今年だからこそ!そういう!勢いを!

だから2016年にリリースするシングルには、ミディアムテンポの曲じゃなく軍隊テイストでゴリゴリ押していくロックチューンが必要だと思うんですよね。

 

 イメージで言えばBerryz工房の「愛はいつも君の中に」や「Want!」みたいな聞いただけでヘッドショットされそうな曲とか、それが無理ならややハードルを下げて「愛の弾丸」とか「かっちょいい歌」みたいな。

洋楽ならJanet JacksonのRhythm Nationをもう少しマーチっぽくさせたみたいなのが良いですね。これMVもすごくカッコ良いので、モーニング娘。もハロプロもステージでやるなら曲芸アクロバットじゃなくてこういうダンスを盛り込みましょうよ。今のハロプロみたいに大人数でやるときっとカッコいいよこれ。

 

2014年に発売された「愛の軍団」も振付けにラインを多用した軍隊チックなテイストが入ってましたけど、今年はそれをもっと強調しつつ、細かすぎるほど細かく音ハメして、ピシっと揃ったパフォーマンスで攻めてみるのが上策かと思います。

 

マーチのような規則的なリズムの楽曲に歩兵が行進してるみたいな振り付けを入れれば、少数でやるよりむしろ人数多いほうが重厚感が出てカッコいいですから、今の12人というメンバーの多さを逆手に取ることができますよね。現モーニング娘。は人数が多すぎてごちゃごちゃしていると言われますが、こういうマイナスな面を逆手に取ったパフォーマンス、つまり大人数でしか出来ない曲やダンスをもってこられるかどうかが、今年のキモなんじゃないかと。

 

国によって違いはありますが戦術でいうところの一般的な歩兵の一個分隊がだいたい10~12人くらいですし、鞘師が抜けてメンバー数が偶数になったから4人ずつ隊列組むと収まりが良いんですよね。

 

さらにもっと具体的に言うと、LoVendoЯ曲をもっとエッジーにしたようなハードロックな曲をシングルに!というのが私の希望なんです。プラチナ期を超えたとも言われる「HOW DO YOU LIKE JAPAN~日本はどんな感じでっか?~」のパフォーマンスを見ると分かると思いますが、モーニング娘。'16はこういうカッコいいロック路線の方がハマるんですよ絶対に。

 

シャボン玉なんかもそうですが、こういう曲調だと歌唱力が低くてもバレにくい。「歌」って語尾に抑揚がないと一気に下手くそに聞こえてしまうんですけど(飯窪とか生田の歌唱がまさにこれ)、「日本どぅえ~す!」とか「男児ィ~!」って曲のイメージに寄せた歌い方をすれば、勢いさえつければ力技で押し切ることができるんです。

 

しかもその勢いが曲との一体感を生むので、曲が始まった瞬間その場の空気がガラッと変わる。コンサートで「HOW DO YOU LIKE JAPAN~日本はどんな感じでっか?~」のイントロが流れ、石田が「ヨーヨーヨー!」と出てきた瞬間の異様な熱量の上がり方はすごいですよね。なんだろうあれ、ほんとコンサート独特の空気です。

 

ミディアムテンポの曲はバラードほど感情を込めることができないので、そもそもかなりの実力がないと歌いこなせません。モーニング娘。'16には表現力がないメンバーが多いのでミディアムを歌わせるにはまだちょっと早いと思うんですよね。未成熟な歌唱力のまま難易度の高い曲を歌わせてグループの人気を下げるなんてもってのほかですから、その時その時のメンバーの力量を見つつ、曲選びは慎重にやっていかなくてはなりません。兎にも角にも、2016年序盤はこういう曲で攻めて人気を維持しつつ、みっちりとレッスンしてスキルアップに努める時期なんじゃないかと。

 

ハードロック路線で打ち出す楽曲はハロプロらしい「変化球」も必要

ロックといってもメタルに寄せ過ぎてBABYMETALと被らないように、つんく曲の特徴である歌謡テイストを入れたり、石田のラップパートを設けたりちょっとした変化球も必要です。

 

イントロはキャッチーさのあるメロディーを取り入れて、コンサートで映えるようシャウトパートが入ってれば尚良し。コンサートで一番盛り上がるのってやっぱりシャウトパートなんですよね、コールじゃなく。メンバーが「うおー!」って叫ぶと、ファンも同調して「ウォーッ!」ってなって、瞬間的にすごい爆発力を生むので、こういう盛り上がる曲を瀕死のモーニング娘。'16にください!

 

あとは、サビに強烈なシャウトのある曲も欲しい。わがまま気のまま愛のジョークみたいな、サビに「あーいーさーれーたぁーい!」ってロングトーンが入っているような曲が。

サビでシャウトする曲ってインパクトが強いので一発で覚えてもらえますし、観客の入っている音楽番組で披露すればお客さんも盛り上がってくれます。その歓声を利用して印象操作を行なうこともできますから、視聴者に「あれ、モーニング娘。'16ってこんなに人気あるの?」という印象づけも可能。人気に関しては実際はそんなでもないんですけど、そういうのはテレビ画面からは伝わりませんから。

 

佐藤や小田はロングトーンの伸びが綺麗うえ声に個性がありますし、こういう曲だと水を得た魚のようにビッチビチに活きるはずです。リーダー譜久村もロングトーンの高音だけならモーニング娘。'16ナンバーワン。「鞘師が抜けて雑魚ばっかりwww」とモーニング娘。'16を侮っている人々の度肝を抜いてやるには、こういうパーンッと爆発力のある曲を持ってきてほしいんですよねぇ…。

 

私は「わがまま気のまま愛のジョーク」で譜久村が歌う「愛されたァーい!」の高音の抜け方が悶絶するほどに好きなので、もう一度ああいうロングトーンやシャウトを取り入れた曲が今度はいつ来るんだよ今日か、明日か!?と去年から待ち続けて肩透かしをくらい続けているんですよ!もうそろそろ……いいだろ!

 

 

この動画ももう数えきれないくらい見たんですよ。モーニング娘。の魅力である「メンバーの成長」を見ることができるので、なんだか事業参観してる気持ちになりながら、ああ、頑張ったね~頑張ったご褒美にCD買ったげようねぇ~って気持ちになりながら見てた。まあ私はシングルもう持ってるのでアレなんですけど。

 

というか問題はそこではなく、こういうまとめVTRを事務所が作ってYou Tubeに上げればもっと人気でるのにって事ですよ。「譜久村聖の課題」とかつまらないVTRはいいから事務所はこういうのを作れよ!それが今年の「アップフロントの課題」だよ!

 

まとめ

新年早々アップフロントが13期メンバーオーディションの開催を発表しましたが、今年はひとまず現メンバーをダークサイドに突き落とし、カップリングコレクション2のようなスモーキーメイク&ボンテージ衣装で、軍隊チック路線を試してみてはどうでしょうか。ほら、獅子は自分の子をあえて崖の下に落とすとかなんとか言いますし。今のモーニング娘。は突き落としたら崖の下で死んじゃいそうですが、弱者は自然淘汰されていくってワイナーも言ってたので、まあそれも良かろう。

 

f:id:hiroseyonaka:20160117010938p:plain

モーニング娘。'14カップリングコレクション2(初回生産限定盤)(DVD付)

 

ダークサイド路線は以前に一度試してるのでビジュアルに関してもある程度想像つきますし、大コケはしないでしょう多分。加入当時は一等兵くらいの実力だった12期も今は上等兵くらいのスキルに成長していますから(皮肉じゃないよ)、譜久村大将が的確に指針をとり、氷山にぶつかって船を沈めないよう(皮肉じゃないよ)しっかりと舵取りをすれば大丈夫だと思います。

あとはこのビジュアルに合うロックチューンを用意すればもう完璧ですよ。はい、モーニング娘。'16再ブレイクー!はいきたー!

 

当時このカップリングコレクション2のビジュアルが出た時、ファンの期待値ってすごかったんですよ。モーニング娘。'16のメンバーは笑っているより真剣な顔でガン飛ばしてる方が美人に見える子が多いので、今年はぜひこのビジュアルとロックチューンとかつてのBerryz工房のような軍隊ダンスで鞘師がいなくても戦えることを世間に見せつけてやってほしいですね。