読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よなかのはなし

http://www.hiroseyonaka.com/

今年もこの季節がやってきた!第14回ハロプロ楽曲大賞2015に全力で投票してきたよ

f:id:hiroseyonaka:20170331112044j:plain

2015年もあとわずか!今年は日本有線大賞の新人賞をLoVendoЯ、日本レコード大賞の新人賞をこぶしファクトリーが受賞するなどハロプロ勢も頑張りました!おめでとう!

 

しかし、もう一つ忘れてはならない重要な音楽大賞がありますよね!そうです、「ハロプロ楽曲大賞」です。毎年開催されているこの楽曲大賞は、ハロヲタだけでなく今や一般からも注目を集める大きな賞、さっそく私も全力で投票してきましたよ!

投票期間は12月10日まで!ハロプロ楽曲大賞投票方法

f:id:hiroseyonaka:20151204011905p:plain

出典:第14回ハロプロ楽曲大賞'15公式サイト

 

 すでにご存じの方も多いとは思いますが、ハロプロ楽曲大賞には3つの部門が設けられています。

 

  • 楽曲部門・・・その年にリリースされたCDの中から最も良いと思う楽曲5曲を選び、10pt.を持ち点として5曲に点数を割り振って投票する。
  • MV部門・・・その年にリリースされたCDのMVの中から最も優れていると思うMV3つを選び、6pt.を持ち点として3つに割り振って投票する。
  • 推しメン部門・・・自分の推しメンを一人選んで投票する。

 

今年からは投票方法が一新され、不正のないようにユーザー登録式のシステムが導入されています。登録は非常に簡単なので興味のある方はぜひ公式サイトから投票してみてください。

 

f:id:hiroseyonaka:20151204012008j:plain

 

では、私が今年のハロプロ楽曲大賞に投票した楽曲たちを紹介していきますよ!

 

第14回ハロプロ楽曲大賞、楽曲部門に投票したのはこの5曲!

 

1位【3pt.】

念には念(念入りVer.)/こぶしファクトリー

f:id:hiroseyonaka:20151204152907j:plain

 

私が2015年の楽曲大賞に選んだのは、こぶしファクトリーの「念には念(念入りVer.)」です。元々はインディーズDVDとしてリリースされた作品で、こぶしファクトリーのメジャーデビューを期に、ファーストシングル「ドスコイ!ケンキョにダイタン」に収録されました。

 

この曲で素晴らしいのは、初期のつんく楽曲を彷彿とさせる歌詞と変態サウンド。

歌詞はおそらく作詞のアベショー氏が意識してつんくに寄せてきたと思うのですが、「Suicaチャージが切れてるなんて」といったリアルな表現は聞いていて「あ~、つんくっぽいわー」と思わずにいられませんでした。

 

さらに、2番のサビ最後の井上怜奈歌唱パート「忘れんなアンブ~レ~ラァッ!」は個人的に今年のハロプロ流行語大賞ですね。アンブレラ井上の破壊力はとにかく凄まじかった。

 

そして、楽曲の素晴らしさもさることながら新人とは思えないこぶしファクトリーの面々のパフォーマンスが何よりも素晴らしく、楽曲をより魅力的に見せていたのも印象的でした。

 

2月に開催された「Berryz工房まつり」でのパフォーマンス、そして5月の中野サンプラザでのパフォーマンス、デビュー後のパフォーマンスでどんどん歌声の迫力が増していき、曲が成長していく過程とともにハロプロ研修生の底力を垣間見たというか、久しぶりに見ていてワクワクするようなグループが誕生したなと実感しました。私の中では文句なしに、今年ぶっちぎりのナンバーワン楽曲です。

 

 

2位【2.5pts.】

臥薪嘗胆/アンジュルム

f:id:hiroseyonaka:20151204152940j:plain

2位は僅差ですがアンジュルムの臥薪嘗胆。多分、今年の楽曲大賞はアンジュルムの大器晩成でほぼ決まりだと思いますし、楽曲的に見ても大器晩成の方が優れているとは思うんですが、個人的にはアンジュルムを体現したかのような臥薪嘗胆を推したいと思い、この曲に投票しました。

 

 

臥薪嘗胆は、出会い頭に頭突きを食らわされそうなオラついている2015年のアンジュルムの勢いをそのまま曲にしたような疾走感のあるサウンドと、「過去に受けた恨みを忘れないために薪の上で寝ながら苦い肝を舐める」という臥薪嘗胆の故事をアンジュルム風にアレンジしたとしか思えない歌詞が、スマイレージ時代からの不遇を見てきたファンにかなりスカッと感を与えてくれました。

 

この曲は初聞きの時にそのキャッチーさにハマり、リリース後もゆうに数百回は聞いているはずなのですが全く飽きが来ない!スルメどころか、いつ飲み込めばいいのか分からなくていつまでも口の中で噛み続けるホルモンみたいな中毒性があります。

何も考えずに聞いてスカッとした気持ちになれるところも良いし、ライブ映えするので今後はアンジュルムのキラーチューンになっていくのではないでしょうか。

 

 

3位【2.5pts.】

女の園/ハロプロ研修生

f:id:hiroseyonaka:20151204153049j:plain

 

3位はハロプロ研修生名義でリリースされたアルバム「① Let's say “Hello!”」に収録されている「女の園」です。

 

これなんでモーニング娘。にくれなかったんだよ!と思うくらいの良曲。最近のつんく楽曲の中でも非常にクオリティが高く、「つんくまだ才能枯れてないじゃないか…」と安心したのを覚えています。

研修生の初々しい歌声とキャッチーなサビが聞いていて気持ちいい。サビのコールもいい味出してますね。

 

 

 

4位【1pts.】

イマココカラ/モーニング娘。'15

f:id:hiroseyonaka:20151204153112j:plain

 

4位は劇場版プリキュアのテーマソングにもなったモーニング娘。'15のイマココカラです。

この曲は初めて聞いたときにわけがわからない感動に襲われ思わず涙ぐんでしまったのですが、サビへの盛り上がりと曲に漂うキラキラ感が若い現モーニング娘。にぴったりだと思いました。歴代のプリキュアの関係性とメンバーの先輩後輩の関係をダブらせたようなMVの作りも良かったですね。

 

モーニング娘。はずっとEDM路線で辛気臭い曲が続いていたので、イマココカラを聞いた時のネット上での盛り上がりは今思い出しても異常だったなと思いますが、また今後もこうした「モーニング娘。に憧れてアイドルを目指す女の子」を生み出すようなキラキラ感のあるフレッシュな曲を歌ってほしいものです。

 

 

5位【1pt.】

恋泥棒/カントリーガールズ

f:id:hiroseyonaka:20151204153132j:plain

 

悩みに悩んだのですが、単純に曲自体が面白いのと、「またこういう曲調を歌いこなせるグループがハロプロに誕生したのか~」という感慨深さが相まって(言ってしまえば思い出補正なのですが)カントリーガールズの恋泥棒を5位にしました。

 

山木さんによる「アディクッション♪」の印象が強烈すぎる感は否めませんが、歌詞も曲調も本当に面白い曲だと思います。今年リリースされた中ではある意味ハロプロらしさを1番持っている曲かも。

 

 

MV部門に投票したのはこの3つ!今年はとにかくアンジュルムの一人勝ちでした…

 

1位【2.5pts.】

乙女の逆襲(Dance Shot Ver.)/アンジュルム

f:id:hiroseyonaka:20151204153158j:plain

 

オドロオドロしい曲調にマッチする良いMVだったと思います。MVの中でメンバーを従えて踊るリーダーの和田彩花もかっこよくて良い!

このMVを見たあたりから、事務所の推しがモーニング娘。からアンジュルムに移ったことを確信しました。お金かけてもらってるね~という感じですね。

 

 

2位【2.5pt】

 ドンデンガエシ/アンジュルム

f:id:hiroseyonaka:20151204153213j:plain

 

今年リリースされたMVの中では、良い意味でハロプロらしくない、ずば抜けたクオリティを持つのがドンデンガエシのMV。これはほんとにプロの仕事を見た…。

 「白が黒へ 黒が白へ」というサビの歌詞とリンクさせるように画面が反転する演出もカッコいいですし、曲中に何度か挟まれる幾何学のエフェクトもいいスパイスになっています。

 

ドンデンガエシは振付けも細かく音ハメをしているので、映像とリンクしてバチッと決まったときは見ていて物凄く気持ちいいんですね。大サビの「やがて~」から1人ずつポーズを取っていくカットもそうですし、イントロの佐々木莉佳子と田村芽実のダンスもダイナミックですごくインパクトがあります。

 

 

3位【1pts.】

Love together!/Berryz工房

f:id:hiroseyonaka:20151204153244j:plain

 

MV後半での夏焼雅の涙が全てを物語っていますが、Berryz工房の集大成というか、これまでの彼女たちの全てが表現されたMVだったのではないかと思います。

 

1位と2位のアンジュルムのMVに比べると、クオリティの面では劣りますが、舞台を見つめるBerryz工房のメンバーの表情を見ていると、こちらもなんだかじーんときてしまいますね。

 

 

推しメン部門に投票したのはこのメンバーです!

モーニング娘。鞘師里保

f:id:hiroseyonaka:20151204153304j:plain

 

ハロプロ楽曲大賞の推しメン部門は、その年に1番推したハロメンではなく、自分がずっと推しているハロメンを1人選出し、投票するというシステム。

私は加入時より推している鞘師里保ことりほりほに一票を投じてきました。

 

 EDM路線でずっとセンターとして批判の矢面に立ちながら、それでもメディアに再ブレイクと言わしめるまでモーニング娘。を復活させた功績には頭が下がる思いがしますし、今後はしっかりと休養し自分の進路を見つけて歩んでいって欲しいと思います。

 

メディアやハロメンは「留学に行ってさぞて立派になって帰ってくるんでしょうね~?」と外堀を埋めるような発言ばかりしていますが、留学という言葉にとらわれず本当に自分の学びたいことを学べる場で成長していってほしいと、ファンは誰もがそう思っていますよ。

 

何はともあれ、本当に五年間おつかれさまでした。

 

まとめ

 もはや師走の恒例行事となったハロプロ楽曲大賞。今年はどんな楽曲が、そしてMVが大賞を受賞するのか今からワクワクが止まりません!

投票の際にはコメントを記入することもできるので、ぜひ楽曲への熱い思いをぶつけてもっとハロプロを盛り上げていきましょう。わっしょい!わっしょい!

 

なお、結果発表のイベントも開催されますので、都内にお住まいでお時間のある方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか! 色々と波乱続きだった2015年のハロープロジェクト、その集大成とも言えるハロプロ楽曲大賞、必見です!