読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よなかのはなし

LifeHacks And Hello!Project Blog

モー娘。'15 鈴木香音のダイエット失敗と、その先にあるサクセスストーリー

モー娘 ハロプロ

f:id:hiroseyonaka:20160926224059p:plain

モーニング娘。'15の中で「ぽっちゃりキャラ」として抜群の知名度を持つズッキこと鈴木香音。天真爛漫な笑顔や世話焼きな性格を見ても、まさにアイドルは天職なのではないかと思っています。

 

 モーニング娘。として通算59枚目のシングル、Oh my wish!ではダイエット後のスリムなボディを披露して世間をあっと言わせてくれましたが、ほどなくリバウンドしたことを本人が告白。ファンの間では早くから「痩せてリバウンドするまでがズッキの台本」と言われていましたが、私的にはこの一連の流れはモーニング娘。'15とズッキにとってはかなりの痛手だったのではないかと思わずにいられません。

「ぽっちゃりキャラ」でいることを選んだ鈴木香音

鈴木香音が世間に知られるきっかけになったのは、自身の体型がきっかけでした。ネット上で「相撲取りみたい」「デブ」などという心ない言葉が飛び交っていたので、おそらく本人も少なからず気にしていた部分もあったはず。

かつて道重さゆみも「毒舌キャラ」を演じて知名度を高めていきましたが、加入当時から道重を見てきた身としては、あの時も痛々しくて見ていられませんでした。鈴木のぽっちゃり体型カミングアウトには、当時の道重と重なる部分があります。

 

 鈴木が「自虐」ともとられかねない「ぽっちゃり体型ネタ」をカミングアウトしたとき、私はかなり危機感を感じていました。一度太っていることをネタにすると、それ以降はずっとメディアに体型をネタにされ続けなければなりません。

弄られ役を買ってでるという事は、それほどリスクが高いのです。アイドルを目指してモーニング娘。に加入した10代の女の子にとって、「デブキャラ」として扱われることはかなり屈辱であったことでしょう。

 

しかし、カミングアウトのおかげでメディアの露出も増え、鈴木ソロの仕事も増えたことは事実でした。どんなネタであろうと、メディアに出ればCDやコンサートチケットの売上が増えることは確か。そう考えると、鈴木のモーニング娘。への貢献度は計り知れません。

 

 叶わなかった「ズッキのサクセスストーリー」

そんな鈴木が、ダイエットをはじめたと話題になったのが2015年初旬。ブログでも度々ダイエットの話題を出していたので、本格的に取り組んでいるんだろうとは思っていましたが、Oh my wish!のMVを見たときはあまりの変貌ぶりに驚きました。やっぱり女の子は痩せると格段にキレイになりますね。鈴木は元々顔のパーツも大きい美人顔だったので、画面上で見るとすごくエキゾチックでセクシーです。

 

f:id:hiroseyonaka:20160109021813j:plain

 

見て下さいよこの唇。なんですかこのフェロモン。

 

 でも、Oh my wish!の発売が近づき、リリースイベントが迫るとあっという間にリバウンド。リバウンドしたこともYahoo!のトップニュースになりましたが、私はこのニュースを見た時、「鈴木香音のダイエットはやるべきじゃなかったな…」と思いました。

 

鈴木が痩せたとき、私は自分の中でこれから鈴木香音とモーニング娘。'15がどのようになっていくだろうかとよくシミュレーションしていました。そして、双方にとって1番メリットが大きいと思ったのが以下のパターンです。

 

  1. 鈴木香音、スリム体型をキープし60枚目の記念シングルでもセンター(もしくはサイド)。歌唱パートも増える。
  2. 舞台でも2、3番手の役を貰い、Triangleの屈辱を張らす。
  3. 痩せたことで写真集発売、豊満なバストでグラビア番長の譜久村聖を脅かす存在に。

 

こういうサクセスストーリーって日本人は大好きですよね。太ったけど賢明にダイエットしてセンター争いに食い込む展開とか。私の中ではこのシナリオでいけば、鈴木とモーニング娘。'15の人気も、今以上に上がったのではないかなと思っています。

 

結論:鈴木香音のダイエットは「失敗」だった

でも現実はそんなに甘くありません。鈴木はダイエットに失敗し、今はまたぽっちゃり体型に逆戻り……。

 

この展開で、鈴木に少なからず失望したファンって結構多いと思います。ネットでも「ズッキの推しやめる」とか「もう卒業するべき」といった言葉をよく見かけました。かなり過激ですが、リバウンドした事が鈴木自身の人気低下を招き、結果的に自らの首を締めてしまったのは事実でしょうね。

自分への甘さというか、プロ意識の低さというか、そういうものを世間にバラしてしまった。「1曲だけのセンター」の代償にしてはリスクが高すぎたと思います。

 

モー娘・ズッキのリバウンドに酷評噴出! アイドルは痩せていないといけないのか!? - ネタりか

 

 日本人の国民性なのでしょうが、自分自身に甘い人間に対しては、世間の目は驚くほど厳しいもの。何回も注意するのに一向に改善がなく開き直っている人とか、よく職場にいませんか?そういう人達って、いずれ見放されて周囲の人間はやがて「無関心」になっていくんです。もうアイツに何言っても無駄だよ、放っとけよ!と。

 

鈴木のダイエット→リバウンドの流れは確かに一過性の話題にはなるでしょうが、多くのファンにとっては「もう駄目だアイツ……」という見放しモードのスイッチを押すきっかけになってしまった気がするんですよね。

 

現に、私もニュースを見て「だらしないな、もう」と思ってしまいました。ぽっちゃりキャラである程度認知度を高めたのだから、これ以上は太ったままでいるよりも、痩せて快進撃を続けたほうが、鈴木にとってもモーニング娘。'15にとっても遥かに良かったはずです。なのになんでまた太っちゃうんだよ!と。

 

特に、モーニング娘。の中で在籍期間が長い9期メンバー鈴木にとっては、このダイエットが1つの分岐点だったはず。チャンスを生かし切れず本当にもったいないことしたなと思いました。

 

しかし、鈴木自身はメディアでこんな風に語っています。

 

確かに(体型を)自分でもネタにしてましたけど、別にイヤなわけでもなくて、それはただ事実を言ってただけなんで…。私は歌が好きだから、もっとうまくなって、そこ が鈴木の特技、みたいになるまで頑張りたいですし、やっぱり痩せている自分のほうがいいです。

 

私は自分が一番好きな歌で注目してほしいという気持ちはあるんですけど、力がまだ及ばない 部分もあるので、そこはさらに鍛えていきたいなっていうのが個人的な目標。グループとしては、私たち9期メンバーが上となって時間も経ってきているので、 ひとりひとりの名前を覚えてもらって、譜久村リーダーの13人いいよねって言ってもらえるようなグループになるように支えていけたらと思っています。

モー娘。ズッキ、体型変動が話題になるも「そこに個性を持っていきたくない」

 

 どうやら太ったままでいる気はさらさらない模様。

Oh my wishで見たエキゾチック美女鈴木香音が再び降臨する日も、そう遠い日ではないような気がしますね。頑張れズッキ!

 

まとめ

モーニング娘。’15のファンとしては、「ズッキもう一回頑張って痩せてくれよ~」というのが正直な気持ちです。そして痩せた後は鞘師からセンターをもぎとり、譜久村とヤングマガジンのグラビアを取り合い、工藤とビジュアルツートップと取り沙汰され、舞台でも主役をゲットするくらいの快進撃をして欲しい。

 

「相撲取り」なんて言われて不遇の時期を経験し、モーニング娘。の知名度アップのために「ぽっちゃりキャラ」として多くの日々を捧げてきたんですから、今度は「ズッキのターン」ですよ!見返してやれよ!

 

ズッキが快進撃をしてくれたら、勇気づけられる女の子も沢山いるはず。ぽっちゃりキャラではなく、誰もが憧れる「アイドル」として、今後ズッキがさらに輝いていくことを切に願ってやみません。