よなかのはなし

http://www.hiroseyonaka.com/

ほら見ろ!つんくから離れたら℃-uteの迷走が始まったぞ~エロくない℃-uteなんて℃-uteじゃない~

f:id:hiroseyonaka:20170401134650j:plain

かなり過激ですがちょっと最近の℃-uteの方向性について思う所があるので、あえてこういうタイトルにしてみました。

 

つんくプロデュースから離れ、「第二章」とも言うべき道を歩み始めた℃-ute。確かにダンスレベルはもはや他のアイドルの追随を許さないほどだし、ビジュアルもピーク極まってる感じがするのですが、その一方で、なんだかこれまでの℃-uteと比べると、魅力がなくなってきたように感じるのは私だけでしょうか……?

清純そうな顔をしてエロい歌を歌うアイドル=℃-uteだったはずだろ…

f:id:hiroseyonaka:20151023174844p:plain

 画像:℃-ute 『アダムとイブのジレンマ』 (MV) - YouTube

 

ハロプロや℃-uteを全く知らない人に「℃-uteってどんなアイドル?」と聞かれたら、私はまず「会いたい会いたい会いたいな」と「アダムとイブのジレンマ」を聞かせて「清純そうな顔してエロい曲を歌うよ、そしてダンス凄いよ」と教えます(実際、知人にそういう説明をしたことがある)。

 

℃-uteのメンバーは、リーダーの矢島舞美、エースの鈴木愛理が清純っぽいビジュアルで、実質この2人が℃-uteの人気を大きく支えているといっても良いでしょう。(中島早貴・岡井千聖・萩原舞は一見ギャルっぽいけど、今はひとまずそれは置いておきましょう。)

 

この清純そうな顔をしたメンバーに、これまでつんくは結構エロい歌詞をこれでもかと歌わせてきました。レベルが高いのでつい忘れがちになりますが、℃-uteは一応くくりとしてはまだ「アイドル」です。

 

 

 私の中では、男性経験アリの女の子の醸し出す色気を感じさせる歌詞を歌ってこそ℃-ute、というイメージがかなり以前からあったのですが、つんくプロデュースから離れた2015年の℃-uteは、徐々にこのセクシーさから離れて行っているような印象を受けます。それまで普通に歌っていた「アーン」とか「ハッ」という吐息歌唱やフェイクを排除した楽曲が続いているというのも大きいでしょう。

 

アイドルというよりも、これからの℃-uteは「アーティスト路線」でいく、という表明なのでしょうか。それが新たな℃-uteのイメージ戦略なのかもしれませんが、この流れは私的にはあまり歓迎できません。第一、そういうのファンも求めてないんじゃないでしょうか。声を大にして言いたいんですが、エロくない℃-uteなんて℃-uteじゃない!

 

新曲の「嵐を起こすんだ Exciting Fight!/ありがとう~無限のエール~」も聞きましたが、こういう曲調って今の℃-uteが歌うべき曲ではないような気がするんですよね。いずれの曲も、良曲だと思うし、疾走感もあり一般受けもしそうなんですが……。

 

それにアーティスト路線は一足先にjuice=juiceが打ち出しているので、今更℃-uteがやっても完全なる二番煎じでしょう。アンジュルムも徐々にそうした方向にシフトしていってますし、カッコいい&歌唱力とダンスだけで見せる楽曲・パフォーマンスはもう「目新しさがない」という一言に尽きます。

 

"現在の℃-ute"が歌うべき曲はやはり「つんく」にしか作れない

つんくがハロプロのプロデュースから卒業して、様々なグループが外部から曲の提供を受けている中、グループによってかなりはっきりと明暗が別れてきました。

 

1番成功したのは、スマイレージから改名して、曲名を「熟語」に統一し曲のコンセプトが明確になっているアンジュルム。

オリジナルメンバーの福田花音が2015年11月に卒業することが決まっていますが、グループに勢いがあるので人気にはほとんど影響しないでしょう。アンジュルムは今モーニング娘。'15よりも魅力的なグループです。これくらい攻めてくれると、ファンとしても応援のしがいがありますし、箱推し(特定のメンバーではなくグループ全体を推すこと)ができる。

 

別グループを推していても、気になってチラチラと動向を確認してししまう人も多いでしょうし、不遇時代が長かったというのも影響しているのでしょうが、ハングリー精神があってグループがメキメキと育っているので今後が楽しみです。

 

その反対に、1番失敗したのは℃-uteではないだろうかと思っています。℃-uteだけは、つんくプロデュースから離れるべきではなかったと、少なくとも私はそう思っています。

 

なぜなら、私は20代の℃-uteはセクシー路線で行って欲しいと思っていたからです。つんくが書いたモーニング娘。初期の曲や℃-uteに提供した「Crazy完璧な大人」や「アダムとイブのジレンマ」、「あったかい腕で包んで」等を聞けば分かるように、セクシーでエロスを感じさせる曲を書かせたら、今の日本につんくの右に出るものはいません。

 

いま、℃-uteは5人ともスタイル・ビジュアルともにほぼ完成されている状態です。歌の要になる鈴木愛理と岡井千聖の安定した歌唱力、そしてダンスを踊れるメンバーが揃ってる。しかもMVのリップシーンからも見て取れるように、他のハロプログループとは比べようもないほどの表現力も併せ持っています。

 

この奇跡のようなグループが、20代前半に差し掛かり1番「オンナの旬」を迎えているときに、どうしてあんな薄っぺらいJ-POPを歌わせる必要があるのでしょうか。そういう路線はすでにJuice=Juiceが担当してるんですし、℃-uteまでパッとしないJ-popを歌って落ちぶれていってしまっては今後のハロプロの将来はありません。

 

℃-uteは今の若いメンバーが多いハロプロの中で唯一、つんく曲の特徴でもある「ハァ~ン」という吐息フェイクが歌えるグループなんです。ギャルっぽいビジュアルのavexアーティストが「ハァ~ン」と歌ったらセクシーアピールが強すぎて下品になってしまいますが、鈴木愛理が「ハァ~ン」と言うと何故か「気品のある色っぽさ」になるんですよね。これは清純ぽい愛理のビジュアルと、ダンスや身のこなしから溢れる「気高さ」によるところが大きいと思います。気高いアイドルって、℃-ute以外にいませんよ。

 

だからこそ、今の℃-uteが歌うべきなのは、我武者LIFEや嵐を起こすんだ~ではなく、かつての太陽とシスコムーンやメロン記念日のような曲であり、つんくのソロ曲「TOUCH ME」のようなウェットな色気を持つ曲であって欲しいと私は思うのです。

 

グルーヴ感とウェットな色気漂う名曲「ガタメキラ」

 

この素晴らしいウェット感!これですよ、これが今のハロプロに足りない大人の色気ってやつですよ、たまりませんね!Magic of LoveはJuice=Juiceがすでにカバーしていますが、Juice=Juiceではまだ、このガタメキラや月と太陽のようなウェットな色気漂う楽曲を歌うこなすことはできないでしょう。

 

メロン記念日の隠れた名曲「肉体は正直なEROS」

 

メロン記念日の隠れた名曲、「肉体は正直なEROS」を今の℃-uteがカバーしたら凄いことになりますよきっと。サビ最後のインパクトありすぎるフレーズ「ボディ~ッァ」のところ愛理に歌ってほしいですよね…。℃-uteの面々はファルセット使い方も上手いので、これ系のセクシー路線かなりバチッとはまると思うんですけどね。

 

 つんくの神曲「TOUCH ME」

 

これ初めて聞いた時震えました。今までで通算1000回以上は聞いてる。個人的につんくはホームランバッターではなく3番打者タイプのシンガーであり作曲家だと思ってるんですが、このTOUCH MEは間違いなく神曲と呼ぶにふさわしいですよね。今の℃-uteにもこういうダンサブルでセクシーな曲を歌ってほしいんですけどね私は…。K-POPの真似しましたーみたいな曲は面白みがないし、同じ系統の曲を歌うavex勢にパフォーマンスで勝てるわけないし(ダンス的にも)、何より℃-uteの魅力を活かしきれて無い気がします。つんく帰ってきて-!

 

 

2015年、ハロプロは大きく変わりました。Berryz工房の活動休止を受けて、実質ハロプロの最年長グループになった℃-uteが、声を失ったつんくの意思を継いでいくみたいな決意で「TOUCH ME」をカバーしていたら、℃-uteは道重さゆみに匹敵するほどの「伝説」になっていただろうにと少し残念に思います。そうすれば「℃-ute」の名前に箔がつきましたし、後輩グループも勢いづいてもしかすると今ほど卒業者が出ていなかったかも…。

 

つんくの不幸を利用するようでちょっとゲスいかもしれませんが、こういうメディア戦略も時には必要です。お涙頂戴な展開はワイドショーと世間が放っておかないので、知名度アップにはもってこい。そこからきっちりと結果を出してつんくへの感謝を忘れなければ、℃-uteはもっともっと大きなグループになれていたはずです。

 

まとめ

今後も℃-uteは、アーティスト路線で行くのでしょうか。それとも、次回作ではとんでもない曲を持ってきてファンの度肝を抜いてくれるのでしょうか。

可愛い、カッコいい、パワフル、おしゃれ…いずれにせよ、℃-uteらしさのある曲で、アンジュルムのように攻めて攻めて攻めまくって欲しいと思います。

 

いちファンとしては、やはりもう一度つんくの曲で、今度は「大人の℃-ute」を見てみたいなぁ……。