よなかのはなし

http://www.hiroseyonaka.com/

デキる女は黒よりネイビー!コスパ最強な結婚式のゲストドレス&ボレロの選び方

f:id:hiroseyonaka:20160602001848p:plain

20代の頃、アパレルショップでショップ店員をやっていました。その時の経験を活かして、現在の結婚式トレンドも踏まえつつこれから長く着ることのできる結婚式用のゲストドレスのおすすめをお教えします。

ドレスのカラーは「黒以外」を選ぼう

初めて結婚式用のゲストドレスを購入する方は、9割くらいの方が「黒」を選びたがります。お店に入ってきて先ず第一声が「ブラックドレスありませんか?」のお客様って本当に多いんです。

 雑誌のドレス特集なんかを見ても、「一着目に買うなら黒!」とかなりの頻度で書いてありますよね。何といてもブラックドレスは使いまわせるし、歳を選ばないしと、つい買い求めてしまう気持ちも理解できるんですが、私は一着目に黒のドレスを買うのはあまりおすすめしません。これは以下のような理由からです。

 

  1. 老けて見える
  2. 暗く見られてしまう
  3. 新郎新婦はあまり喜ばない

 

特に、気にしてほしいのは3の新郎新婦の感情の方。

結婚式では中年以上のゲストは、圧倒的に黒を来てくるケースが多いのです。20~30代の若い女性までもが黒を着てしまうと、会場が全体的に黒々としてしまいますよね。若い女性は会場を華やかにするのも仕事のうち!という事で、出来ればドレスは明るめの色を着てあげるのも、ゲストの役割なんじゃないかと思います。

おすすめカラーは「ネイビー」

肌や髪の色、男顔・女顔など容姿に左右されず、尚且つおしゃれに見えるドレスが欲しい、というお客様がドレスを探しに来たら、私だったらネイビーのものをおすすめします。

 

ネイビーは色としてはそこまで明るいイメージはありませんが、品の良さではピカ一ですし、ダークカラーともホワイトカラーとも相性が良いので着回し力もあり、コーディネートが楽です。さらに、深みのある落ち着いた色なので50歳くらいまでなら余裕で着ることが出来ます。若いころは「上品」ですが、ミセスになってからこの2色を着ると「上品+エレガント」になるので、印象もかなり変わってきますよ!

 

おすすめのネイビードレス

タックワンピース

 

スタイルアップ タックシフォンワンピース

 

シフォン生地を使用したミディアム丈のワンピースドレス。シフォンの透け感が軽やかさを出してくれるので、春・夏の結婚式にも使えます。ネイビーの上品さが引き立つベーシックな形なので、上着とアクセサリーで多少遊んでも派手になりすぎずにいい感じ。

 

ドレス=クリーニングと思われがちですが、シフォン素材のドレスのお手入れは目の細かいネットに入れて優しく手洗いし、乾いたらスチームアイロンを軽くあててシワを取ってあげるだけでOK。

 

ビジュー付コクーンワンピース

ビジュー クラシカルワンピース

 

こういうストーンとしたコクーンシルエットのドレスは体型カバー出来るうえ、妊婦になっても着ることができるので一着持っておくと便利です。襟と袖にビジューがついているので、ノーアクセでも華やか。ベルトを使ってウエストマークするとシルエットが変わってまた違った印象になります。袖があるので上着いらずなのも嬉しいところ。

 

 オールインワンパンツドレス

タックサルエル オールインワン パンツドレス

 

最近、結婚式でよく見かけるのがパンツドレス。大人っぽくハンサムな雰囲気になるので、思い切って髪型をリーゼントにしてみると良いですよ。私も一度やって土屋アンナみたいだとツッコまれた事がありますが、パンツドレスの女性は良い意味で目立つので結婚式に新たな出会いを求める女性はぜひ着てみてください。勝負服だと思って。

パンツドレスはオールワン感覚で着られるので、普段使いすることも出来ます。

 

 Aラインドレス

フィットアンドフレア プリンセスライン ドレスワンピース

 

お嬢様っぽい清楚なファッションが好きな方は、王道のAラインワンピースタイプのドレスがおすすめです。ただ、背が低めの方は丈の長さでスタイルが悪く見えてしまう可能性もあるので、サイズはしっかりと確認してくださいね。

 

もしも丈が長いようなら、お直しで裾上げをしても良いと思います。デザインがシンプル&上品なのでミニワンピー風に丈をカットしても十分可愛い。目上の方が多い結婚式なら、黒ストッキングを履くと丈の短さをカバーすることも可能です。

 

上着はショールではなくボレロを買おう!

結婚式の上着といえば、ショールかボレロが定番。この2つであれば、私は絶対にボレロを買うべきだと断言します。

 

ショールは動いているうちに必ずといっていい程あちこちにずれるので、食事もしにくいし、写真を撮る際にも一々気にしなくてはいません。それに、ショールは袖のあるドレスには合わせられないので、コーディネートのバリエーションが少ないんですよね。

 

ボレロであれば、ずれる心配もありませんし、袖のあるドレスでもOK。ボレロはロング丈よりもショート丈を選ぶと、ミニドレスでもひざ丈ドレスにもマッチしてくれます。スタイルアップと着回し力を考えると、ボリューミーなデザインよりも、シルエットがタイトなものが買い!

 

パフスリーブボレロ

パフスリーブ ビジュー ジャケット風ボレロ

 

パフスリーブタイプのボレロなら、袖がキュッとすぼまっているタイトなものを選びましょう。Aラインドレスで下半身にボリュームがあっても上半身をタイトに仕上げることで全身にメリハリが生まれてスタイルが良く見えます。

 

 ローズブーケボレロ

ローズブーケボレロ

 

このローズブーケボレロは私も持っているんですが、薄くて丈も短いのですごくスタイル良く見えます。画像のように髪を巻いて流しても顔周りがすっきりして見えるので写真映りも抜群に良かったです。ただ、会場は暖房が効いているとはいえ冬場は少し肌寒かったので、春~秋用かなという感じはしました。

 

今まで着た中で1番体型がスリムに見えるボレロなので、ここ1番という時には(たとえ冬場の式でも!)必ずこれを着ていくと決めています。ライン上にパールがあしらわれているので、アクセサリーは統一感を持たせるためにネックレス・ブレスレット・ピアスともにパールで揃えるのが定番ですね。

 

 プリーツボレロ

ハンサムきれいなプリーツカラーボレロ

 

パンツドレスに合わせるなら、かちっとしたハンサムなボレロの方がマッチします。甘めよりは辛口に仕上げた方がトータルで見たときの雰囲気がまとまるので、四角いシルエットのジャケットボレロを羽織って徹底的にカッコいい女風で行きましょう!

 

 秋冬の結婚式なら、最近はファーの上着を着ても問題なし!

冬の結婚式には、暖かいしゴージャスになるしファーを着て行きたい!という女性もいますよね。昔は殺生を彷彿とさせるので結婚式にファーはご法度でしたが、今はわりとこの辺のルールも緩くなってきています。友人や学生時代の先輩後輩くらいの関係なら、ファーを着て行っても問題ありませんのでご安心を。

 

ふわふわスヌードボレロ

 

ファーの上着は、普段も使えそうなスヌードを買っておくと便利です。行き帰りは首に巻いて、会場内ではボレロ風にして着ると荷物も減るし、何より常に暖かいです(冬場の結婚式ではここすごく重要)。

 

もしも職場の上司や親族など目上の方が多く出席する式なら、念の為にファーは控えておいた方が無難です。中にはフェイクファーでもファーと勘違いするような高齢の方もいらっしゃるので、新郎新婦・参加者などの顔ぶれをみてから判断するようにしてみてくださいね。