消せるボールペン「フリクション」を使うとモテる

シャープペンやボールペン、サインペンなどペンにも色々と種類はあるが、個人的に一番好きなのはボールペンだ。ボールペンはシャープペンのように力を入れても芯が折れないし、サインペンのようにインクがにじまないし、かなり小さな字を書いても読み取ることが出来る。

筆記用具メーカーがさまざまなラインナップを出しているが、中でも私が一番愛用しているのはPILOTから販売されている「フリクション」シリーズ。消せるボールペンで一躍有名になったあのボールペンだ。

SPONSORED LINK


 フリクションボールペンのインクの秘密

それまでは、ボールペン=消せないが常識で、誤字には修正テープを上塗りするしかなかった。だがフリクションは書いた字の上を同じペンでなぞるだけで字が消えるのだ!この「字が消える」という仕組みを生み出すときには、気温によって変色する紅葉をヒントにしたのだそう。

世の中には、このように自然や生き物からヒントを得て作られた商品やサービスが多い。そのディープな世界について詳しく知りたい方は、赤池学氏が書かれた「生物に学ぶイノベーション 進化38億年の超技術」が参考になるだろう。

「インクが消える仕組み」については私もよく知らなかったのだが、20~65度までなら発色剤と顕色剤が結合したままなのでインクが発色し、65度を超えると摩擦熱によって顕色剤が発色剤から分離して変色温度調整剤と結合。フリクションボールペンのインクは顕色剤がないと発色できないので、色が透明になる、ということらしい。

f:id:hiroseyonaka:20150826165407p:plain

フリクションボールペン インキの秘密/PILOT

http://www.frixion.jp/secret/

SPONSORED LINK

シーンによってデザインを選べるフリクション

フィクションはインクのカラーバリエーションが豊富なのも嬉しいが、シーンによって使い分けられる本体のデザイン展開が多いのも人気の秘密だろう。その中から、今回は日常のビジネスシーンやちょっと特別な場にもぴったりなフリクションボールペンのラインナップを紹介したい。

ビジネスシーン

フリクションボールノック デザインシリーズ

f:id:hiroseyonaka:20150826170401j:plain

 

【価格】248円

【インク】ブラック

“書いて、消して、また書ける”という特長から「フリクションシリーズ」は、アイデアや新しい発想を生み出す建築家やデザイナー、作家など様々な分野のク リエイターの方々からも愛用されています。そんなクリエイティブシーンにふさわしい、創造性をかきたてるデザインをボディに施したのが、この『フリクショ ンボールノック デザインシリーズ』です。

見た目がスタイリッシュなのでおしゃれに敏感な人向け。価格も安いので私もこのシリーズは全種類持っているが。個人的にデザインが好きなのは「トライアングルシルバー」。

f:id:hiroseyonaka:20150826170752j:plain

同じくPILOTから販売されている製図用のボールペンや、スマホ用のシンプルなスライライスペン、WACOMのペンタブのとも馴染む。Appleや無印良品のデザインが好きな人にもファンが多い。

f:id:hiroseyonaka:20150826171737p:plain

TROIKA GERMANY (トロイカ) マルチシャープペンシル、コンストラクショングラファイト、シルバー PIP21/SI

フリクションボール4

f:id:hiroseyonaka:20150826165554j:plain

【価格】864円

【インク】ブラック/レッド/ブルー/グリーン

「フリクションボール4」は、1本で4色を使い分けでき、何度でも書き消し可能な利便性の高い4色ボールペンです。インキ色は黒・赤・青・緑。ペン先は0.5mmの極細タイプで、手帳や資料などの細かい箇所への書き込みに適しています。
またクリップは当社オリジナルのリフトクリップを採用。厚いものでもしっかり挟め、10万回はさんでもこわれません。

一番ベーシックなフリクションボールペン。やや太めなので、女性よりは男性向けだといえる商品。

フリクションボール

f:id:hiroseyonaka:20150826172332j:plain

【価格】216円

【インク】8色

カチッとキャップがはまるので、バックの中に入れておいても安心の商品。片手で扱うのがやや難しいが、さすが「元祖フリクション」ともいうべき、安定した書きごこち。

フリクションポイント04

f:id:hiroseyonaka:20150826173041j:plain

【価格】237円

【インク】15色

超極細の0.4mmボールの採用により細かい文字もしっかりと書ける為、手帳の書き込みや行間など細かいスペースへの書き込みにも最適です。パイプチップのペン先は、細書きながらなめらかな書き味を実現しました。

本当にボールが小さく文字が細く書けるので、手帳にぴったり。インクのバリエーションも多いが、ブルーブラックとブラウンの落ち着いた発色が好き。

f:id:hiroseyonaka:20150826173012j:plain

f:id:hiroseyonaka:20150826172956j:plain

プレミアム

フリクションボール ビズ

f:id:hiroseyonaka:20150826173902p:plain

【価格】1,620円

【インク】ブラック

「フリクションボール」は、何度も書き消し可能なため、手帳や資料への書き込みに適しており、ビジネスの現場で使用するユーザーが多く見られました。『フ リクションボール ビズ』は、ビジネスシーンでの利用に適したものが欲しいというユーザーのニーズに応えた、シンプルでクールなデザインの新しい「フリクションボール」です。

価格だけ見ればやや高く見えるが、キャップがついており本体も細めで高級感があるデザイン。グリップ部分も当然細いので、長時間書き続けると少し指が疲れる感覚がある。超極細(0.4mm)なだけあって、手帳用にすると重宝する。

フリクションポイント ビズ04

f:id:hiroseyonaka:20150826174443j:plain

f:id:hiroseyonaka:20150826174457j:plain

【価格】上:3,240円、下:2,160円

【インク】ブラック

プレミア感駄々漏れな高級モデル。汗をかいている時などは手が滑るが、持っているだけでエレガントなフリクションボールペン。

フリクションボールノックビズ

f:id:hiroseyonaka:20150826174957j:plain

【価格】2,160円

【インク】ブラック

「フリクションボールノックビズ」はビジネスシーンで活躍する「フリクションボールノック」の上級モデル。ボディにはメタル素材を使用し、スーツのポケットにもよく馴染みます。
ペン先は細かい箇所への筆記に最適な極細タイプの0.5mm。細かく書けてきれいに消去できるため、商談資料への書き込み・修正、手帳でのスケジュール管理・変更に最適です。

フリクションボールノックビズは、消去用ラバーがキャップで保護されているという、シャープペンのような仕様。だがこれが意外にも便利。

f:id:hiroseyonaka:20150826175138j:plain

本体のカラーバリエーションは6色あるが、中でも実物を見て綺麗だと感じたのがシャンパンゴールド。女性はこれ持ってたら絶対もてる!同性からも男性からも受けが良さそうなモデル。

f:id:hiroseyonaka:20150826175537j:plain

あと、ブルーも深みがある色でおしゃれ。上司がこれ使ってたら何でも言うこと聞きたくなります。

f:id:hiroseyonaka:20150826175824j:plain

フリクションボール3 ウッド

f:id:hiroseyonaka:20150826180214j:plain

【価格】2,160円

【インク】ブラック/赤/ブルー

「フリクションボール3」は、1本で3色を使い分けでき、何度でも書き消し可能な利便性の高い3色ボールペンです。インキ色は黒・赤・青のベーシックな3色。ペン先は0.5mmの極細タイプで、手帳や資料などの細かい箇所への書き込みに適しています。

本体デザインがちょっと個性的だが、最大径φ 14.1mmなので握りやすく、書きやすい。ウッド部分にはカバ材を使用しているとのこと。本体デザインはほぼそのままに、インクにグリーンを追加し4色ボールペンとなった「フリクションボール4」も人気。

f:id:hiroseyonaka:20150826180805j:plain

まとめ

2016年で、なんと誕生10周年を迎えるというPILOTの「フリクションボールペン」シリーズ。いつの間にかさらに改良されてパワーアップしたモデルまで発売されていたりしているからびっくり。今後もますますおしゃれかつ便利になっていきそう。

個人的なベスト1はフリクションボールノックビズのシャンパンゴールド!本当におしゃれなので、店頭で確認してみてください。

f:id:hiroseyonaka:20150826175537j:plain

SPONSORED LINK

あわせて読みたい