読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よなかのはなし

LifeHacks And Hello!Project Blog

社畜上等!忙しい夜を不健康に乗り切るための「徹夜のお供」ランキング

ライフハック ランキング

f:id:hiroseyonaka:20151216205736p:plain

自宅で仕事をしていると、予想外に時間がかかってしまい、やむを得ず徹夜に突入してしまうことがある。徹夜すると日付が変わった頃からとてつもない眠気に襲われるため健康食品やサプリに頼らなければきつい。

 

ということで、これまでに試した「夜のお供」の中から、個人的に「これが無いと徹夜出来ない!」と思う商品をランク付けしてみました!

 

ちなみに、これは普段から一切自炊をせずにインスタント食品ばかりを食べ、運動も全くせず、水分補給は1日600ml未満くらいで、一日中冷房の効いている部屋でだらだら仕事をしているという不摂生極まりないライター(=私)の個人的な感想です。

さらに、どの商品も食べたり飲んだりしたのは午後11時前後で、この時間を基準に、1時間後に効いてきたとか、2時間効果が持続したとか言っています。

1位 エスタロンモカ

f:id:hiroseyonaka:20150822102013p:plain

【出典:Amazon

f:id:hiroseyonaka:20150822102020p:plain

【出典:Amazon

 

成分・分量(1粒あたり)
無水カフェイン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100mg
チアミン硝化物(ビタミンB1硝酸塩)・・・・・・・・・・・・・5mg

 

 エスタロンモカは徹夜したことがある人なら一度は飲んだことがあるはずだ。無水カフェイン配合なだけあって眠気覚まし効果は抜群。

ただ、深夜2~3時になってくると、やや眠気を感じるようになり、カフェイン特有の「身体は疲れているのに神経が覚醒してて眠れない」状態のピークは6時頃にやってくる。

 

午後11時頃にエスタロンモカを2錠飲み、その後、時間の経過と共に眠気がどう変化するのかを、眠気の度合いを1~10として無駄にグラフ化してみたので、完徹したい方は飲むタイミングの参考にでもしていただければと思う。

 翌朝のだるさは尋常じゃないが、どうしても徹夜しなければならないときにはやっぱりエスタロンモカがないとはじまらない。

 

 

2位  モンスターエナジー

f:id:hiroseyonaka:20150822102031p:plain

【出典:Amazon

 

成分

ビタミンB群、アルギニン、カルニチン、高麗人参エキスとカフェインを配合。

 

レッドブルと双璧をなす、エナジードリンク。

レッドブルよりも価格は安いが、眠気を和らげてくれるという意味ではモンスターエナジーの方が効果があるように思う。眠気は3時を越えたあたりからピークになり、その後平行線で、眠気除去効果の持続性はない。

 

 

3位 ヘパリーゼプラス(錠剤)

f:id:hiroseyonaka:20150822102038p:plain

【出典:Amazon

 

成分・分量:1日量(6錠)中
肝臓水解物・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・600mg

ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミン・・・・・・・・・・30mg
ビタミンB2(リボフラビン)・・・・・・・・・・・・・・12mg

 

 通称、飲むレバー。肝臓水解物が新陳代謝を高めて、ビタミンB・Eが滋養強壮・栄養補給の効果をもたらす。

 

ヘパリーゼを飲むと、エスタロンモカのようなだるさを感じずに、すーっと眠気が消える感覚を味わう。3時頃までは全く眠気を感じないが、4時を過ぎるとやや眠気を感じ、ピークは翌朝7時頃。

 

4位 レッドブル

f:id:hiroseyonaka:20150822102047j:plain

 

栄養成分表示(100ml当たり)

エネルギー46kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物10.7g、ナトリウム80mg、アルギニン120mg、ナイアシン3mg、パントテン酸2mg、ビタミンB62mg、ビタミンB20.09mg、ビタミンB122μg

 

 これから徹夜するぞ!と気合を入れるとき用の飲み物。レッドブルを飲むと1時間ほどで眠気を感じなくなるが、多分プラシーボ効果の影響もあると思われる。

 

配合されているのはカフェイン、アルギニン、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB群。モンスターに比べると覚醒効果は弱く、また、味のせいで異様に喉が乾く。

 2時頃には眠気を感じ、それからずっと頭がふわふわし続ける。3時頃に追加でもう1本飲んでも効果がなかったため、レッドブルを買うなら価格の安いモンスターの方がおすすめ。

 

5位 アリナミンEXプラス(錠剤)

f:id:hiroseyonaka:20150822102054j:plain

【出典:アリナミン

 

成分・分量(3錠)

フルスルチアミン(ビタミンB1誘導体)として・・・・・100mg

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・・・・・・・・・・100mg

シアノコバラミン(ビタミンB12)・・・・・・・・・ ・1,500μg など

 

 武田薬品工業から販売されている、 ビタミンB群を配合した栄養剤。効くのは主に、眼精疲労・肩こり・腰痛。パソコンばかり扱っているため、肩こり予防も兼ねて飲んでいたが、凝りの症状改善には役立たなかった。

 

元々眠気に効く効果は入っていないので、深夜になると当然眠気に襲われることになる。私は、身体には良くないと知りつつも、アリナミンEXプラスを飲むときは、エナジードリンクで流し込むか、カフェイン剤と併用している。

錠剤自体が臭く、飲むとしばらく息が臭くなるので、口臭に気をとられて集中力が鈍るのがやや難点。

 

6位 ぶどう糖

f:id:hiroseyonaka:20150822102102p:plain

【出典:大丸本舗

 

栄養成分:1包装(3g)

エネルギー:12kcal

たんぱく質:0g

脂質:0g

炭水化物:3.0g

ナトリウム:0g

 

 徹夜中に思考力が鈍った時のために常備。見た目はタンスの除湿剤っぽいが、食感や味はやや薄味の落雁に酷似している。

 

でも、ブドウ糖のタブレットを食べたからといってすぐに脳が動き出すはずもなく、今では脳への栄養補給というよりは、ただ口寂しいからという理由で食べるようになってしまった。多分、このブドウ糖のタブレットを食べるなら、もっと味の濃いラムネとかを食べた方が頭がスッキリしそうな気がしないでもない。

 

まとめ

本当は徹夜なんてしたくないけどどうしても仕事が終わらない、という時は、今回ご紹介した夜のお供を使って、乗り越えてみてください。

ただし、飲み過ぎ食べ過ぎにはくれぐれも注意!エナジードリンクやブドウ糖は食べ過ぎると糖尿病になってしまうので気をつけよう。あと死ぬしな。